クロいブラジル音楽を紹介するDJイベント『テルサ』のブログです。


by terca

Sergio Mallandro

 なんで第一回目のレコメン・アーティストが、よりによってSérgio Mallandroなんだという声も聞こえてきそうですが、とりあえず読んでください。

 Sérgio Mallandroは、ぼくたちのコンピレーション『テルサ〜エメラルド』に2曲収録しています。「Vem Fazer Glu-Glu」と「Mas Que Idéia」なのですが、どこかで聴いたことのあるような、ないようなフレーズが気に入って選びました。しかも「Mas Que Idéia」はエメラルド盤のオープニング曲です。

この2曲はSérgio Mallandroの82年のシングル盤の両面です。

e0168407_223594.jpg



 で、最近リリースされたファンキ・カリオカのコンピレーション『Dennis DJ Apresenta Som do Galerão - Fukirado』の19曲目「Dança do Jumento」に、Sergio Mallandroのクレジットを見つけた時は、同一人物なのかわからなかったのですが、曲を聴いてみたら「Vem Fazer Glu-Glu」をサンプリングしたファンキでした。

e0168407_2401583.jpg


 元曲の「Vem Fazer Glu-Glu」は、Sergio MallandroのMySpaceで試聴できます。ちなみに、ここでアップされている映像はブラジルを代表する人たちとの共演したものばかりでした。

 で、この曲がどうなったのかというと、こうなりました。1曲で2度おいしい感じですね。


映像作家のRoberto MaxwellさんにSérgio Mallandroについて教えてほしいと質問したら、「Sérgio Mallandroはミュージシャンではなくて、お笑いみたいな俳優です。彼の曲は面白い意味があります。80年代にすごく有名だったけど今はテレビで悪い番組をやってます。」という答えが帰ってきました。
個人的に悪い番組というのが気になります(笑)。
by terca (H)
[PR]
by terca | 2009-02-28 02:55 | レコメン・アーティスト